福田式3ステップ子宮筋腫改善マニュアル 効果

アクセスカウンタ

zoom RSS 福田式3ステップ子宮筋腫改善マニュアル 特典付き購入

  作成日時 : 2011/04/03 20:40  

トラックバック 0 / コメント 0

福田式3ステップ子宮筋腫改善マニュアル

福田式3ステップ子宮筋腫改善マニュアル


当サイトより購入頂いた方に下記の5大特典特典を差し上げます!!
福田式3ステップ子宮筋腫改善マニュアルを特典付きで購入する





わたしは22年間子宮筋腫専門の治療院をしながら、



子宮筋腫の悩みを抱える
13,000人以上の方々を改善に導いてきました。





勿論今現在も、いろいろな方から子宮筋腫の悩みを相談されます。





おかげさまで、毎日のように

「子宮筋腫が改善しました!」という喜びの声をいただきます。







今は、数多くの子宮筋腫に悩める女性を改善させてきた

わたしですが、実は、そういうわたしも子宮筋腫で悩んできた一人でした。





わたしは、当時、某商社で仕事をしていたわたしは、
不慣れだったこともあり、がむしゃらに働いていました。



毎日、不規則な生活が何年も続き、その上、

慢性の運動不足に、あわせ睡眠不足。



仕事の付き合いで、毎日外食も多く、かなり

偏った食生活は身体によくないとわかっていても、つづけるしかないという、
今考えれば、精神的にも肉体的にも、とてもハードな毎日でした。





そういった毎日をつづける中で、毎月の生理も不規則になり、

経血の量も洪水のように多い月もあり、

大きなレバーのような塊が数多く出る事もありました。





そういう状態でも、「若いしちょっと体調が悪いだけだろう。」と

余り気にもかけていなかったわたしでしたが、ある日

仕事中に、腰に激痛が走り、起き上がることもままならない

状態になる事がありました。



そのときに初めて、自分の体に何かが起こっていると気付きました。





そして、意を決して行ったお医者さんで、

わたしは『子宮筋腫』だという診断が下されました。







ショックでした・・・・・・





「こんなに大きくなるまで、よく放って置きましたね。直ぐに手術をしましょう。」

と、お医者様には言われました。



わたしは医師の勧めるままに手術を受けることにしました。







その当時のわたしは、子宮筋腫に対して、何の知識もなく、今考えれば、
少し大きくなっただけの子宮筋腫の為に、子宮と卵巣を摘出され、
その後の更年期障害に似た症状は本当にひどいものでした。





わたしはそれをきっかけにいろいろと、子宮筋腫について調べていくと、

実に現代女性の3,4人に一人が子宮筋腫を持っており、

わたしと同じような悩みを抱えている人が数多くいることを知りました。





わたしはそういう経験を踏まえ、自宅で、体を痛めることなく、
しかも、経済的にもやさしい、



『手術やホルモン療法をせずに、自宅で子宮筋腫を改善する方法』が

あることがわかり、この方法をもっと多くの方に広めようと決心しました。





わたしには、この方法をひとりでも多くの方に伝える責任と義務があると
思うようになりました。









病院・クリニックに行くと当たり前のように「経過観察」もしくは、

「薬物療法(ホルモン療法)」か「手術療法」を勧められますよね。



子宮筋腫を治療せずに放置しておくと、

生理痛、生理不順、便秘、痔、不妊等の様々な症状を引き起こします。









これらの症状のうち、



●過多月経  ●月経痛  ●不妊



は、子宮筋腫の三大症状と言われています。







西洋医学では発生原因が特定されておらず、治療は対症療法にならざるを得ません。



根本原因を取り除く治療法では無いと言う事です。





病院にいくと医者に「経過療法」で、



「まだ小さいのでもう少し大きくなるまで様子を見ましょう」と言われ、



毎月、ひどい生理痛、貧血に悩まされ、痛み止めを飲んだり、



ホルモンを整える為に、食事をオーガニックの食材や玄米に
変えてみたりしていることでしょう。





「病院で生理痛がひどくなってくれば、鎮痛剤を飲んで、

上手く痛みをコントロールしていけば大丈夫です。」と言われ、

鎮痛剤を処方され、終わりです。





どこの病院にいっても同じ対応ですから、殆どの女性は、

生理痛というものを特に気にしていません。



人と痛みの度合いを比べることができませんので、

皆これ位の痛みなんだろうと思い込んでいます。







そして、経過療法で経過を見ている間に、



症状がひどくなり、子宮筋腫、子宮内膜症等が悪化し、

異常な生理がくるようになって初めて、

「薬物療法(ホルモン療法)」か「手術療法」を進められます。

「ホルモン療法」とは、薬を投与する事によって、

『人工的に閉経状態を作りだして、筋腫を小さくする方法』です。




少し、専門的な話をしますと、

エストロゲンという女性ホルモンの一種は、

排卵のある性の成熟期にある女性の場合、

卵巣からたっぷりと分泌されています。





エストロゲンは、子宮筋腫に作用して、

筋腫を発育させてしまう作用があります。



子宮筋腫のホルモン療法とは、

ホルモン剤を使って排卵を抑制し、

このエストロゲンの分泌を少なくしてしまう方法です。





これによって、子宮筋腫は発育をセーブされ、

小さいままに留まります。





この方法のことを偽閉経療法(ぎへいけいりょうほう)と呼んでいます。

人工的に閉経に似た状態をつくるからです。







今日、子宮筋腫のホルモン療法(偽閉経療法)には、
主に2つの薬が使われています。



ダナゾールという薬と、性腺刺激ホルモン放出ホルモン作動薬GnRHアゴニストです。





性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)は、

性周期をコントロールしています。



GnRHアゴニストという薬は、GnRHとよく似た構造をしてます。





そのため、脳下垂体(のうかすいたい)から分泌されている

卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンを抑制する事ができます。





この2つのホルモンが抑制される(分泌をおさえる)ことで、排卵が起こらず、
したがって、卵巣からエストロゲンが分泌されるのをおさえることが出来るのです。









14日間 子宮筋腫改善プログラム 続木和子

◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法

お医者さんが教えてくれない、不妊症を自宅で改善するマニュアル

たった1ヶ月で赤ちゃんが授かった!「しあわせ妊娠マニュアル」らくらく妊娠〜さよなら不妊!ブライダル・ベビーを望むあなたも必見!子宝の知恵シリーズで不妊症から立ち直る妊娠法を公開!

妊娠したい!病院では教えてくれない 妊娠率92%の超妊娠法

○子宮と卵巣の若返り妊娠マニュアル○〜高齢でも不妊症でも健康な赤ちゃんを授かるための知恵をあなたに贈ります〜

アキュモード式不妊症改善セルフケアDVD

月別リンク

福田式3ステップ子宮筋腫改善マニュアル 特典付き購入 福田式3ステップ子宮筋腫改善マニュアル 効果/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる